同窓会から始まった不倫体験談

やっぱり危険!焼け木杭に火がついてしまうことの多い同窓会

私は35歳で会社員として働いています。

夫は、34歳自営業。

息子は4歳になったばかりです。

ごく普通の家庭で、これからも平凡な毎日を送るのだと思っていました。

育児や家事、仕事に追われて、日々忙しく過ごしてはいますが、それなりに楽しく暮らしてきたつもりです。

家族のために、自分を犠牲にしてきたという自負もありました。

でも、そんな風に過ごしていても、裏切られる時は裏切られるのだと、夫の浮気が発覚した時に痛感しました。

旦那の不倫にお悩みの方へ、HAL探偵社に無料で相談してみませんか?
不倫調査を依頼する際も、他社と比較して割安料金をご提示します
⇒6,000円から依頼できる「HAL探偵社」
▼24時間無料相談ダイヤル
0120-088-995

夫の浮気を疑いだした経緯

夫は、自営業ということもあり、自分の好きな時に休みを取ったりして、自由に働いていました。

家にお金も入れてくれますし、根が真面目なので、仕事に関して不安を覚えたり、心配になるということはありませんでした。

自由な時間を持っても、ジムや映画に行ったりしていたので、浮気を疑うこともなかったのです。

時々、仕事仲間や学生時代の友人達との集まりがあって、飲み会に行くことはありました。

私が、夫を信じることができていたのは、いつも誰とどこで会うのか伝えてくれていたからだと思います。

同窓会に参加した時も、きちんと日時や場所は知らされていました。

しかし、同窓会が終わった後から、行動が怪しくなったのです。

いつもは、ケータイを見ることもほとんどないのに、お風呂場にも持ち込んだり、私の目に触れない場所に持って行ったりするようになりました。

昼間に仕事ではない外出があったり、急遽夕飯は要らないと言われることが増えたりと、これまでにはなかったことが次々起こるようになったのです。

その時に、浮気をしているのではないかと思いました。

掴み取った証拠

ケータイには、もちろんパスワードロックがかえられていますし、自分で尾行をするような度胸もありませんでした。

でも、夫に真実を認めさせたいという気持ちが強くなりました。

真実を認めさせるということは、動かぬ証拠が必要になってきます。

そのために、私は探偵会社に依頼をしました。

実は、社会人になってすぐに付き合っていた彼氏がストーカーに変貌してしまったことがあり、その時も探偵会社にお願いしました。

その時と同じ探偵会社に、この件もお願いすることにしたのです。

旦那の行動パターンについて、事前に分かる範囲で調査しておきました。

そして、探偵会社に依頼をする際の参考資料として提出しました。

その事前情報のおかげもあって、依頼して1週間ほどで、浮気相手の女性の自宅に2人で入っていく写真や手をつないで歩ている写真などを入手できました。

実際に、それらの写真を目にすると、頭の中が真っ白になりました。

ショックもかなり大きかったです。

気心の知れた探偵会社だったこともあって、私のメンタルのケアもしてくださいました。

夫とは別れるという選択肢は、それでも私の中にはなかったので、その証拠写真を突き付け、別れるように迫ることにしました。

証拠を前に夫は…

夫は、元々あまり嘘が上手ではありません。

そして、浮気相手の女性とのツーショット写真を目の前にするやいなや、私に謝ってきました。

私は、浮気相手と別れてくれたら許すと言いました。

すると、夫もそうすると同意しました。

浮気相手の女性は、高校の同級生で、当時1年半ほど交際もしていたそうです。

嫌いになって別れたのではなく、別々の大学に進学をして、なかなか会えなくなってしまい、自然消滅に近い形で終わったとのことでした。

終わりがハッキリしていなかったため、同窓会で会った瞬間、焼け木杭に火がついてしまったのだと説明されました。

私としては、全く知らない女性ではなく、私と出会う前にお付き合いをしていた人だと聞くと、敵わない気もしました。

浮気をしたことには変わりありませんが、私も同じ状況になったとしたら、2人きりで会いたいという気持ちは芽生えると思います。

だから、夫に対しては、あまり怒りは感じませんでした。

怪しいと思っていた時も、嘘をつくのではなく、何も語らないという感じでした。

子供もまだ小さいですし、できればやり直したいということで、お互いの気持ちは一致していました。

正直、私の元から離れてしまうのではないかという不安もあったので、気持ちを確認しあえた時は、少しホッとしている自分もいました。

その後の夫婦仲について

もう絶対に浮気はしないと、言葉では何とでも言えますが、その時はその言葉を信じて、前に進むしかありませんでした。

当初は、不安しかありませんでしたが、我が家の場合は、何故かセックスレスも解消され、付き合いはじめたばかりの頃のように新鮮な感じになりました。

忙しいということもあって、お互いをゆっくり見つめ合う時間は足りなかったのかもしれません。

もしかしたら、また浮気をされてしまうかもしれませんが、自分ができる精いっぱいを頑張って、それでもダメだったら潔く諦められるのではないかと思っています。

だから、1日1日を大切に過ごしていきたいです。