SNSから不倫を見破る

簡単!SNSから旦那の浮気を見抜く方法

最近、旦那に浮気されているんじゃないか?心配している女性は多いのではないでしょうか。

その時に利用してみたいのがSNS。

インターネットの発達により、多くの人が気軽に使っています。

浮気や不倫に利用されやすく、旦那の浮気を見抜くにはもってこいです。

それでは、どのような使い方をしていったらいいのか。

みていきましょう。

旦那の不倫にお悩みの方へ、HAL探偵社に無料で相談してみませんか?
不倫調査を依頼する際も、他社と比較して割安料金をご提示します
⇒6,000円から依頼できる「HAL探偵社」
▼24時間無料相談ダイヤル
0120-088-995

どうしてSNSが不倫に利用されるか?

SNSは不倫に利用されやすい

SNSは不倫や浮気に利用されやすいです。

最近ではスマホを使う人が爆発的に増えています。

誰もが、いつでもどこでもインターネットをしている時代。

好きな女性とインターネットでコミュニケーションを取るのもお手軽。

妻に隠れて、他の女性と付き合うハードルが劇的に低くなりました。

Facebookは有名ですが、最近ではInstagramの登場もあります。

その他にはツイッターなど、妻に隠れてメッセージのやりとりをする方法はいくらでもあります。

このようなSNSに注目して旦那の浮気を見抜きましょう。

不倫で使われるSNSに限りないメリット

SNSで不倫する場合に男性にはメリットがあります。

SNSのメリットを知っておきましょう。

SNSは、ゲーム感覚で知らない女の子とコミュニケーションが取れます。

顔も見たことない女性で、場合によってはお金もかけずに体まで許してくれます。

最近では、人々の人間関係を薄くなってきているので、誰でもいいから抱かれてみたい。

このような願望を持つ女性が増えました。

中学生や高校生の女子ともSNSで知り合いになれて、Hな関係になれるというのだから、若い男は大喜びです。

しかも相手からメールが送られてきて、家族に知られることはありません。

誰にも知られないでダイレクトにやりとりができます。

待ち合わせ場所を指定すれば知らない女の子とあっという間にHができる。

顔見知りの人でも連絡先だけ分かっていればあとは会うだけ。

浮気や不倫が簡単な世の中になりました。

いつでも妻の監視をくぐり抜け、若い女の子とHを楽しむことができます。

これがSNSのメリットです。

SNSがメールより優れている点

それでも携帯やスマホのメールがあります。

これにはデメリットがあります。

まず浮気相手と行ったやりとりは、浮気の証拠として扱われてしまいます。

メールの復元も可能なので、消しても、またでてきてしまう場合があります。

しかも送信履歴なども残ってしまうのでバレやすいです。

しっかりとやりとりできるかもしれませんが、証拠が残ってしまうところがデメリット。

SNSなら退会してしまえば、やりとりをした形跡は残りません。

また浮気をしたくなったら登録すればいいだけ。

メールで浮気するデメリットをSNSは克服しています。

SNSから旦那の不倫を見極める方法

旦那の行動チェック

まずやるべきことは、旦那の行動パターンの把握。

スマホやパソコンを使って旦那のFacebookやInstagram、Twitterのチェックをしましょう。

例えば、何時から仕事か。

仕事中ならどこから記事をあげているか、何時ごろ記事がアップされているか、どのような場所で記事を作成したのかを事細かくチェックすることが見抜くポイント。

旦那の行動をしっかりと把握するためにメモを取ることも大事です。

メモに書いておかないと忘れてしまいます。

行動パターンをすべて把握してしまえば、普段と違う行動をとった場合に、「あれ?怪しいな」と直感でわかるようになります。

旦那の行動パターンを探るために、旦那のSNSのページは穴が開くほど読んでおいてください。

画像に注目

浮気を見抜くため、大事なポイントはまず画像。

食事の画像を撮影する方が多いです。

この食事の画像で、全く同じ画像を上げている人がいるかもしれません。

つまり同じ食事を食べている人のことです。

誰かと一緒に食事をとっていることがわかるのです。

FacebookやInstagramやTwitterで、浮気をしてますとは言うわけがありません。

そこで、上げられた画像をもとに画像検索してみましょう。

すると似たような写真を探せます。

他の写真を上げている相手があやしい、と目星がつきます。

交友関係に注目

FacebookやTwitterでは便利なことに、交友関係が分かってしまうのです。

Facebookのページを見てください。

知らない女性が友人に追加されているケースがあります。

中には知人の女性が友人として追加されているケースもあるので、交友関係はチェックしておきましょう。

浮気相手のページなら、いいねボタンを押したり、コメントをつけたり、メッセージを送ることが多くなるのも当然。

どの相手が友達に追加されていて、どれくらいの頻度で相手のページを見ているのか、閲覧履歴のチェックで見抜けます。

知らない女性で、あまりにも多い閲覧履歴がある場合にはあやしいと疑いましょう。

セキュリティーが厳しくてもあきらめないで

旦那のスマホやパソコンをチェックしようとしてもセキュリティーが厳しいケースもあります。

指紋認証を使っている場合には旦那が寝ている隙に、指を拝借してしまいましょう。

数字による暗証番号の場合には、指の動きを横目でチェックすることも大事。

妻の前で浮気相手と連絡するわけはないですから、日頃から、スマホやパソコンを利用している時に、さりげなくパスワードを把握しておくことが大事です。

SNSの情報や機能を最大限に利用して

不倫や浮気によく使われるSNS。

FacebookやTwitter、 Instagramが、最近では人気です。

これからどのようなSNSが流行するのか見当もつかないところ。

それでも浮気や不倫に使われるのは必至。

都合の悪いことを隠したいのは当然。

SNSからわかる情報や機能を最大限に使い、旦那の浮気を見抜きましょう。

最近、当たり前のように流行のSNS。

ブログのように自分の考えを公開したり、顔も知らない人とコミュニケーションをできます。

このようなツール使っている人とても楽しいです。

もちろん、浮気など恋愛にも最大限の効果を発揮してくれます。

あなたの旦那がSNSへ不倫してるかもしれません。

では、どうしてSNSが不利に使われてしまうのでしょうか。

その特徴を知ることで旦那の不倫を見破ることができます。

旦那のページはブックマーク

最近ではFacebookやTwitterは有名です。

旦那のホームページは絶対にチェックするべきです。

もちろん旦那には気づかれないように。

場合によっては他の人の写真をもらって、関係のない女性と思わせることが大事。

いわゆる成り済ましです。

それで旦那に近づいておいて、自分のパソコンやスマホでブックマークして監視するのです。

たまにやメッセージを送ったりして旦那に、カマをかけてみましょう。

「あなたのこと気になっています」とテストすることも可能。

旦那の方が食いついてきて、がっかりするかもしれませんが。

わざとニセのアカウントを作っておいて、旦那を監視するのも浮気防止のためには有効です。

芸能記者になったつもりで

芸能記者が芸能人の熱愛をスクープするとき、最近ではブログをくまなく読むのです。

ブログがなかった時代にはひたすら張り込んでいたようです。

芸能人のブログを、この日は出かけていた。

ある時間帯に誰かと一緒に行動していた、などしっかり読み込んでいるそうです。

その結果、誰かと誰かの同時刻の、関係なさそうな点と点が1本の線としてつながるのです。

芸能記者とやることは同じ。

旦那がSNSにあげた記事をしっかりと読むこと。

そうすれば「あれ?なんか変だな」と直感が働きます。

そんな時は浮気をしてるんだろうなとわかります。

既婚者のSNSは不謹慎ですぞ

もともとSNSというものは既婚者がやるには不謹慎。

最近では夫婦そろって楽しんでいる方もいますが、旦那にSNSを持たせる、ということは不倫してくれと頼んでいるようなもの。

旦那の素行をインターネット上で調べて監視しましょう。

そうすることで旦那の浮気を見抜いたり、予防することも可能です。