探偵ってどんな人?

探偵の守秘義務や秘密保持の義務は?

旦那の不倫にお悩みの方へ、HAL探偵社に無料で相談してみませんか?
不倫調査を依頼する際も、他社と比較して割安料金をご提示します
⇒6,000円から依頼できる「HAL探偵社」
▼24時間無料相談ダイヤル
0120-088-995

さまざまな目的で探偵に依頼がくる

探偵事務所というところには、さまざまな理由を持った方々が調査の依頼をしてきます。

個人的な依頼が非常に多いため、自分の身元を隠しながら調査をするということ自体、とても労力を必要とするのです。

そして、依頼者を保護するために、探偵業法で探偵業法で守秘義務が定められました。

守秘義務がなかった以前は、調査をしたことで得られた情報をもとに、依頼者や調査対象となった人物を脅すといったトラブルも見られたため、守秘義務ができたことで安心して調査を依頼できるようになりました。

法律でも、いかなる理由があったとしても第三者となる調査対象とは全く関係のない人物に情報を漏らすことが禁じられています。

また、自身が探偵業とは違う職に就くようなことになった場合でも、探偵業をしている最中に得られた情報は漏らしてはいけないとも義務付けられています。

探偵事務所によっては徹底的な秘密保持を行っている

探偵事務所によって異なる面はありますが、調査上で知り得ることができた情報は、資料などにしてまとめられ依頼者に渡されます。

この時、依頼者の手元に資料が渡った時点で、自身のPCから情報や作成した資料を削除したり、破棄したりするところもあります。

ただ、ここまで法律で定められているわけではないため、依頼者が希望すれば保存しておくことも可能です。

本当にバレない?

依頼する側は、決定的な証拠が欲しいから探偵に依頼しているわけです。

しかしながら、証拠を得ようとすればするほどリスクが高くなり、面が割れてしまう可能性も高くなります。

ですが、そこをいかにバレないようにするか、それが探偵の腕にかかっている部分でもあるわけです。

仮に、調査の内容が第三者に漏れていた場合、法律を違反したということになり、罰せられるでしょう。

守秘義務の契約書を結ばなくても、秘密を守るということは法律で決められているため、特に書面に起こすことはありません。