探偵事務所の選び方

探偵に依頼する前にやっておくこと

探偵に調査を依頼するからといって探偵に丸投げしたのでは、芸がありません。

探偵に調査を依頼するのであれば、積極的に協力していくべきです。

ここでは、探偵に調査を依頼する前にやっておくことについてお話していきましょう。

旦那の不倫にお悩みの方へ、HAL探偵社に無料で相談してみませんか?
不倫調査を依頼する際も、他社と比較して割安料金をご提示します
⇒6,000円から依頼できる「HAL探偵社」
▼24時間無料相談ダイヤル
0120-088-995

浮気に関する情報のまとめ

探偵に調査を依頼する前に、浮気に関する情報をある程度まとめておくというのは大切なことです。

もちろん、無理に集める必要はありませんがわかる範囲で情報をまとめておくと探偵も動きやすくなります。

具体的には以下の情報についてまとめておきましょう。

  • 浮気相手に関する情報
  • 会っている、また会っている可能性のある時間帯や曜日
  • 会っている、また会っている可能性のある場所
  • 普段使っている移動手段

こういった項目に関して、可能な限り情報をまとめておきましょう。

難しく感じるかもしれませんが、これらの情報は相手を注意深く観察するだけでもある程度わかってくるものです。

確証のない情報も当然出てくるでしょうが、そういったものも「あくまでも予想の範囲ですが」という前置きをした上で伝えておくといいでしょう。

また、口頭だけで伝えるよりも文字に起こしておいたほうがいいでしょう。

写真を用意する

可能であれば、写真も用意しておきましょう。

写真を用意するときのポイントは以下になります。

  • 最新のもの
  • 顔がハッキリわかるもの
  • 全身が写っているもの

やはりどの写真においても鮮明に写っているものが望ましいです。

浮気調査の対象者はもちろんですが、浮気相手の写真も用意できるなら用意しておきたいものです。

写真を用意できない場合には、顔や身体的な特徴について箇条書きにしておくといいでしょう。

警戒度がどの程度なのか

浮気調査において、対象者の警戒度は重要になってきます。

探偵はプロですが、さすがに全力で警戒している人を相手に調査するのは骨が折れるでしょう。

対象者がどの程度の警戒度なのかも事前にチェックしておきたいものです。

対象者の性格について

対象者の性格についても情報をまとめておきましょう。

些細な変化にもすぐ気が付く、人の顔をすぐに覚える、記憶力がいい、神経質である・・・こういったものを調査には関係してきます。

どういった性格なのかを改めて観察しておきましょう。

疑っていることに勘付かれている可能性

警戒度を考えるときに、相手が疑われていることを勘付いているかどうかというのは重要なポイントになってきます。

実際に、浮気について問い詰めてしまった、それどころか浮気相手と直接連絡取ってしまったという場合には素直に探偵にそういった事実も話しておきましょう。

自分で尾行したといった話ももちろん、探偵に伝えておくべきです。

お金の準備

探偵に調査を依頼する以上、お金は欠かせません。

探偵もボランティアでやっているわけではありませんので、料金を払っていかなければなりません。

基本的に探偵に調査を依頼するのであれば、数十万円のお金が必要になってくるものと思っておきましょう。

支払い方式というのは探偵社によって異なってくるのですが、前払い制をとっているところが多い傾向にあります。

そのため、調査を依頼する前からある程度のお金を準備しておく必要があります。

スムーズに支払いができるように、お金の工面をしておきましょう。

探偵の調査以外のことも考えておく

探偵の調査のみで終了する可能性もありますが、その後の展開によっては裁判などになってくる可能性もあります。

そうなってくると、今度は弁護士費用なども必要になってきます。

探偵の調査だけではなく、その後の展開にもお金がかかってくる可能性があるので、まとまったお金を事前に準備しておきましょう。