探偵に浮気調査を依頼

慎重に!探偵に浮気調査するときの注意点

「旦那が浮気をしているんだったら、探偵に相談した方がいい」このようなアドバイスはある意味で当たっています。

しかし、探偵というのは不明確な商売。

探偵の国家資格もなく、中には、えたいの知れない人もたくさんいます。

どのようにして、探偵とつき合っていったらいいのでしょうか。

探偵に旦那の浮気を調べてもらう前に、注意しておくべきポイントを確認しましょう。

旦那の不倫にお悩みの方へ、HAL探偵社に無料で相談してみませんか?
不倫調査を依頼する際も、他社と比較して割安料金をご提示します
⇒6,000円から依頼できる「HAL探偵社」
▼24時間無料相談ダイヤル
0120-088-995

特別な職業・業界

探偵業界はかなり怪しい部分があります。

弁護士や司法書士は国家資格です。

報酬もある程度は決まっているので、信頼がおけるという方も多いでしょう。

しかし、探偵においては全く資格などありません。

今日から探偵を始めようと思ったら、探偵ができてしまうのです。

そのため、料金設定も不明確。

本当に調査能力があるかどうかも全くわからない。

しかも一生に一度か二度お世話になったら多すぎるくらいの職業。

これではなかなか安心して旦那の浮気調査を頼むこともできないでしょう。

探偵に旦那の浮気の証拠収集を頼むのは一種の契約。

金額も数十万円とかなりの金額に上ります。

失敗しないように、探偵を選ぶポイントを見抜いていきましょう。

契約書の内容をしっかり読むこと

まず契約書が大切。

契約書に書いてあることは法的な拘束力を持ちます。

書いてある内容を見ていなかったというのでは許されません。

裁判にして取り返してやる、と思っても負けてしまうのがオチです。

普段から契約書というものは読み込んでおく必要があります。

コンビニやスーパーで物を買うのは簡単です。

しかし、探偵との契約は金額が大きいので契約書の中までしっかり読まなければいけません。

契約書を読み込んでいないのなら契約をしないくらいの気持ちが大事。

中に何が書いてあるかも確認しておきましょう。

中には勝手な調査や、余計な費用も含まれていることも。

このような姑息な手段で料金を上げてくる人もいますのでご注意してください。

契約書というものには、安易にサインをしないことです。

これが大事です。

受け身にならない

探偵が旦那の秋を集めてくれるんだから邪魔しないで、自分の仕事だけに邁進しよう。

このような態度は良くないのです。

確かに契約でお金を支払ったんだから、あとは全部やってくれるはず、という気持ちはわかります。

しかし探偵も人間。

能力に問題があったり、ミスを犯すこともあります。

そうならないためにも探偵にまかせっきりにしないで、受け身にならないことが大事です。

例えば、旦那の今日の服装はどうだったか、質問してみることも大事。

こちらから積極的に情報提供しないと浮気の証拠の収集も効率が上がりません。

旦那がどういう性格か、どういう行動をとっているのか、どのような仕事で、どのような場所に行きやすいのか。

探偵と情報を共有しましょう。

受け身になってはいけません。

二人三脚で旦那と戦うんだという気持ちが大切です。

料金をしっかり

料金だけはしっかり確認しておきましょう。

探偵からすると数十万円など安いもの。

しかし支払うこちらとしては大金。

絶対に失敗したくありません。

他の探偵と比べてみましょう。

あまりに値段の高い場合には、その探偵はまずいです。

ボッタクリの傾向があります。

1日あたり1万円くらいの金額を目安にして、あまりに値段の高い場合には、探偵は避けましょう。

その際には探偵の相場を知る必要があります。

いろいろ探偵と相談をしてみて、どれくらいの値段になるかどうか確認してください。

見積もりは、絶対に作ってもらってください。

作ってくれないなら怪しいです。

相談してみよう

お金は大事なものです。

ただでさえ、旦那の浮気で悩んでいるのに、だめな探偵に頼ってしまって。

さらに問題を抱えてしまった・・・こんなことにならないようにしっかりと探偵を見抜きたいもの。

その際には、能力が高いのかどうか、信頼できるかどうか、契約書の中身は適切か、検討しましょう。

そして探偵にすべて任せっきりにするのではなく、一緒に協力して旦那の浮気を解明するんだ、という能動的な姿勢も大事です。