探偵社とのトラブル解決

探偵社とのトラブルを解決する方法3つ

探偵に調査を依頼したものの、探偵社とトラブルになってしまった場合にはどうしたらいいのでしょうか。

ここでは、探偵社とのトラブルを解決する3つの方法についてご紹介していきましょう。

焦る気持ちはわかりますが、まずは冷静になってできることから進めていきましょうね。

旦那の不倫にお悩みの方へ、HAL探偵社に無料で相談してみませんか?
不倫調査を依頼する際も、他社と比較して割安料金をご提示します
⇒6,000円から依頼できる「HAL探偵社」
▼24時間無料相談ダイヤル
0120-088-995

探偵社とトラブルになったら・・・

もし探偵社とのトラブルがあった場合は以下の3つの方法で対応していくようにしましょう。

順を追って対応していくことによって、よりスムーズに解決できるはずです。

  • 契約書、領収書の確認
  • 第三者の見解を聞く
  • 警察、弁護士に相談する

まずは、契約書や領収書の確認です。

何かあったときのために、探偵の調査に関係した書類を事前にまとめておくと安心です。

契約書や領収書の確認をしたら、第三者の見解を聞きましょう。

第三者の見解というと難しく感じるかもしれませんが、消費者センターやトラブル相談を行っている探偵社などで相談をするだけのことです。

それでも解決しないという場合には、警察や弁護士に相談することになります。

警察に相談する場合には、探偵社のある住所を管轄している警察署の生活安全課に相談しに行きましょう。

弁護士に相談する場合には、まずは無料相談などを実施しているところに行くといいでしょう。

探偵社に関するトラブルを相談する場所

探偵社に関するトラブルを相談する場所にもいろいろありますが、基本的には先で挙げたように消費者センター、弁護士、警察、トラブル相談を行っている探偵社となります。

順を追っていく必要はありますが、まずは誰かに相談するということが重要になってきます。

というのも、特殊な業界だからこそ自己判断は危険です。

消費者センター、弁護士、警察、トラブル相談を行っている探偵社のどこに相談しても何からの力にはなってくれるのですが、中でも注目しておきたいのはトラブル相談を行っている探偵社です。

もちはもち屋ということもあり、やはり探偵社は探偵社と依頼者との間で起こるトラブルにも詳しいものです。

より適切な回答をくれるでしょう。

問題となっている探偵社がどこかの協会に加盟しているのであれば、その協会に相談するというのもひとつの方法です。

探偵業の健全化に努めている日本調査業協会に相談するのもいいかもしれません。

焦らずとも探偵社とのトラブルの相談に乗ってくれるところはたくさんあります。

状況を整理した上で積極的に相談していきましょう。