不倫の定義

旦那の浮気はどこからアウト?はっきりしない浮気の定義

普段、何気なく使っている不倫や浮気という言葉。

深く考えたことありますか?正確にこの言葉を使い分けている人は少ないでしょう。

それと同時に、不倫や浮気が、どのような行動におよんだ場合に成立するのかよくわからない、と不思議に思いませんか。

この浮気や不倫の定義をしっかりと明確にしてどこからが問題になる行動なのか、明らかにしましょう。

旦那の不倫にお悩みの方へ、HAL探偵社に無料で相談してみませんか?
不倫調査を依頼する際も、他社と比較して割安料金をご提示します
⇒6,000円から依頼できる「HAL探偵社」
▼24時間無料相談ダイヤル
0120-088-995

不倫の定義は不明確

浮気や不倫の定義は昔から不明確だといわれています。

体の関係になった場合はどうなの?デートをする場合はどうなの?片思いの場合はどうなの?あまりにも不明確で漠然としていますよね。

ここで浮気という意味を考えてみましょう。

これはつき合っている相手がいるときに他の異性に気を取られる場合のことを指しています。

つき合っている場合ですから、既婚者でも未婚者でも関係がありません。

かなり広い範囲に使われる言葉です。

その一方、不倫は両方または片方が婚姻関係にある場合です。

つまり、つき合ってる人の一方が既婚者の場合に成立するのが不倫です。

浮気よりも意味の範囲が狭く、婚姻関係という契約を破っているので、さらに重く、悪質な意味合いがあります。

体の関係は100%アウト

それでは具体的な意味を見ていきましょう。

まず体の関係になってしまった場合、これは完全に浮気と不倫が成立します。

民法という法律には、浮気や不倫という言葉は出てきません。

しかし「不貞行為」という離婚の成立する要件を満たします。

体の関係になってしまったら損害賠償を請求されたり、離婚が成立してしまうので軽い気持ちでするべきものではないのです。

体の関係になってしまったら間違いなくアウト、と思って差し支えありません。

プラトニックもアウトになりうる

それならプラトニックはどうなのという問題があります。

プラトニックといっても、殊さらにデートを繰り返した場合。

以前までなら「不貞行為」には当たらず、浮気や不倫とはいえないと思われてきました。

しかし、最近では状況が変わり始めています。

最高裁の判例によると、体の関係はないが、デートを繰り返していた、との事例で、「不貞行為」に当たるという判断がされたことが出てきました。

つまり、プラトニックでも浮気や不倫になりうるケースがあるということは注目すべきです。

殊さらにつき合っていない場合には、浮気や不倫とは言えないでしょう。

その人が何を考えているかなんてわかりません。

でも、それが行動に出た時点で、プラトニックでもアウトになりうるという理解をしておきましょう。

男性を不倫に走らせない

女性は結婚すると男性が浮気や不倫をしないだろうか。

旦那がどこで浮気をしているかわからなくて心配・・・と不安に考えている人もいるでしょう。

一番の方法は、旦那をチェックする事ではなく、旦那との関係を親密にすることです。

初めから浮気や不倫に走らせるような環境を作ってしまうのはよくないことです。

最近では共働きのカップルも増えて、すれ違いになるケースも多いです。

このような状況でも二人の時間を作り、お互いを尊重することで、旦那に浮気や不倫にされることを避けられます。

お互いの信頼関係を作るのは、婚姻届を出すように簡単にできるものではありません。

時間をかけて結婚してからも気を抜かず、じっくりと親密な関係を作りましょう。

それ以前に浮気や不倫をしがちな男性を選ばないという、洞察も大事です。

信頼関係を作ろう

不明確な浮気や不倫の定義。

何が不倫で何が浮気か、どこからが浮気か不倫か、イメージができたでしょうか。

プラトニックでもまずいケースが出てきたというのは注目すべきところ。

お互いの信頼関係を構築して、旦那に浮気をされない状況を作っていきましょう。