不倫の定義

深刻!旦那が不倫をやめられないの4つの理由とは?

旦那浮気をしていたとわかったけど絶対に許せない。

でもどうして男の人って浮気を繰り返してしまうんだろう?結婚する時は、さんざん甘い言葉で一生大事にしてくれるって言ったのに・・・これには大きな理由があります。

男性が浮気をする理由を女性も知っておきましょう。

結婚したら幸せになれる、と期待しないほうが無難。

前もって男性は浮気をするということを前提に、結婚生活を始め、継続したほうが後になってから精神的なショックが少ないです。

旦那の不倫にお悩みの方へ、HAL探偵社に無料で相談してみませんか?
不倫調査を依頼する際も、他社と比較して割安料金をご提示します
⇒6,000円から依頼できる「HAL探偵社」
▼24時間無料相談ダイヤル
0120-088-995

旦那が浮気を繰り返す4つの理由

男性が浮気をしてしまう理由。

人によってさまざまなものがあります。

男性特有のものだったりそのカップルに泣け当てはまるものも。

代表的な4つの理由を検討していきます。

妻に飽きた

まず妻に飽きてしまったことがあります。

飽きてしまうなんて何事だと思うのかもしれませんが仕方がありません誰にでも飽きてしまう時があります。

同じ食事を食べ続けていれば飽きるのと同じ。

このマンネリ感を打破するのは難しいです。

ベッドで一緒に寝る男女

女性も女性で結婚したら急に太ってしまった。

超美人だと思っていたのに、体重は20キロ~30キロ増えてしまった。

結婚したらもう頑張らなくていいと思ってしまう。

急に容姿が衰えてしまう人もいます。

飽きてしまう男性も悪いのかもしれませんが、結婚した後に努力をしないと、飽きられることになってしまいます。

性依存症

最近多いのがセックス依存症。

幼少期のトラウマが原因とされています。

家庭環境が悪かったり父親や母親が性的に奔放だったケース。

性的虐待を繰り返したりして、異性に信頼をできなくなってしまうケースがあります。

女性のお尻とハートマーク

このような方の場合、セックスの経験人数がかなり多く、しかも1人の人とじっくり付えないのです。

その結果、結婚しても他の人と肉体関係を持ってしまうことが多いです。

お説教しても治ることはなく、専門家のカウンセリングなどが必要です。

この手の旦那は寄り添っていくことが難しいのでかなりの覚悟が必要。

その覚悟が持てなければ離婚するべき対象です。

好きで結婚したわけでない

浮気されてしまう理由として、好きで結婚したわけではないということ。

男性側でも女性側でも同様です。

例えば年齢。

29歳でいい年だから駆け込みで結婚していませんか。

年齢を理由にして結婚すると、愛情の面で問題が出てきます。

好きでもないのに結婚したのですから、別れるのも早いです。

旦那も愛されてないことがわかるので、よそで好きな女を作ります。

喧嘩する男女

年齢だから年齢だから学歴だからと、自分の本能と離れたところに理由を求めてしまうと、夫婦関係はあっさりと破綻します。

本能を忘れた日本人の多くが好きでもないのに結婚した、そして嫌になったと苦しんでいます。

インスタント恋愛の増加

インスタント恋愛の増加も挙げられます。

小学生や中学生の時から恋愛を楽しんで、彼氏に飽きたら次の彼氏。

このような感じでつき合いを続けています。

恋愛経験豊富と言えば言葉はいいのですが、単なるあきっぽい人。

嫌になったらとっとと別れてしまえばいいんだ、と甘く考えています。

若いカップル

結婚も恋愛の延長ですから。

すぐに飽きます。

恋愛経験が豊富なのは実はデメリット。

一番最後につき合った人が一番いい人というわけではありません。

しかも、いろいろな人を比べてしまうので、欠点ばかりが目についてしまう。

しかも過去につき合った男のことは極端に美化され、または強烈に嫌な思い出として残ります。

なおさら、今そばにいる人がいいのか、悪いのかなのかの見分けがつきにくくなってしまいます。

このインスタント恋愛の結果、結婚しても別れればいいんだと思っているので、すぐに浮気をされます。

自分が成長しないので、付き合う異性も同じレベルのまま。

結局、似たような異性をとっかえひっかえやって、結婚と離婚を無駄にくりかえすだけ、という悪循環に陥っています。

理由を知って健全に

男性は浮気をする理由。

4つの理由を挙げました。

この他にもさまざまな理由があります。

どうして浮気をしてしまうんだろうと考えることが重要。

単に飽きてしまったという簡単なものから、自由恋愛が手軽に楽しめるようになった社会的問題まで含まれています。

旦那が浮気するを理由を把握して、健全な夫婦関係を作っていきましょう。