浮気を見破る前に

納得!浮気の証拠収集する方法と保存

旦那が浮気をしている。

自分で頑張って証拠を収集してみよう。

そこで疑問が出てきてしまった。

証拠収集したのはいいけど、そのあとに、どうすればいいんだろうか、全くわからない・・・証拠収集したあとにやるべきことがあります。

証拠を集めて、そのあとで保存すること。

手際よくやらないと、時間がかかり、旦那にバレてしまいます。

証拠を見つけた場合には素早く行動しましょう。

旦那の不倫にお悩みの方へ、HAL探偵社に無料で相談してみませんか?
不倫調査を依頼する際も、他社と比較して割安料金をご提示します
⇒6,000円から依頼できる「HAL探偵社」
▼24時間無料相談ダイヤル
0120-088-995

証拠を見つけたら

旦那の浮気の証拠を見つける場合、真っ先に疑われるのは、パソコン・スマホ・携帯などIT関係の機材です。

このようなアイテムの中には、旦那と浮気相手とのやりとりが記録されていることが多いです。

裁判で離婚する場合には、旦那と浮気相手が親密にやりとりをしているメールなどの証拠が必要にです。

証拠を見つけたあとにやることといったら、データをしっかりと抑えて保存することです。

IT関係の浮気の証拠の収集は、中に入っているデータをコピーすること。

これが大事です。

スマホやパソコンに入っているデータを自分の機材に移し変えましょう。

USBなどのメモリを持っていると楽です。

旦那のパソコンやスマホからデータを取り出しましょう。

USBなどの記録媒体に保存するのです。

やり方がわからない方は、前もって自分の機材で練習してください。

プリンターで印刷してしまうのも手っ取り早い方法です。

デジカメで写真撮影

旦那の浮気の証拠の収集として手っ取り早いのは写真。

カメラを1台持っているだけであっという間に収集できます。

裁判の証拠としても有効。

カメラを常に持ち歩いておくといいでしょう。

しかし、やらなければいけない事前準備が。

証拠の収集が旦那にばれてないようにする設定です。

シャッター音が鳴る場合には、消しましょう。

そうすれば旦那に知られないで写真が抑えられます。

その他にもフラッシュの設定を前もって変えておき、フラッシュなしで写真を撮るようにしておきましょう。

ビデオ録画も

旦那の浮気証拠を収集する際にはビデオ録画という方法もあります。

ビデオカメラを1台持っていれば一気に証拠を押さえられます。

便利なアイテムです。

ビデオカメラは、写真よりも手っ取り早いのが魅力。

目的の場所に仕掛けておいて、回しっ放しにすれば撮れてしまいます。

証拠が多い場合にも、カメラをまわしているだけですべて取れます。

裁判の際に証拠として提出する場合にはビデオ画面をキャプチャして印刷して提出します。

写真の形にすればいいので。

後から自分で加工する必要があります。

普段からビデオカメラを使い慣れておくといいでしょう。

そうすれば使い方に困りません。

取りたいと思った時にも使い方がわからなかったりせっかくのチャンスで取り逃してしまうことあります。

至近距離で撮ろうと思ったらズームがかかっていた。

遠くから取りたいと思ったのにズーム機能がヘボかった、など実際に使っていなければ初歩的トラブルに見舞われます。

せっかくのチャンスを逃さないためにも、普段から機材を使っておくべきです。

これはIT関係のすべての機材にあてはまります。

デジカメ・ビデオカメラは、写真や動画を正確に撮影しようと思ったらかなりの技術が必要。

慣れておく必要があります。

使い方に慣れて完璧

証拠を押さえるだけではまだ足りません。

証拠を見つけたらそれを保存すること。

ここまでやらなければ浮気の証拠収集とはいえません。

IT関係の機材は、普段から使っていなければ戸惑ってしまうことばかり。

データの保存やコピーも大事です。

写真やビデオカメラは便利ですが、普段から機材を使いこなしておかなければ、証拠収集のチャンスも逃してしまいます。

普段から使い慣れておきましょう。