浮気を見破る前に

旦那の浮気証拠を収集するのに便利なツール

旦那の浮気が直感でわかったとしても、それは単なる自己満足。

誰の目にも明らかなように証拠を保存しておかなければいけません。

証拠を収集するのは弁護士がしてくれるものではなく、ほとんどの場合、自分で行うしかありません。

その際にいろいろな便利アイテムを使って旦那の浮気の証拠をゲットしましょう。

旦那の不倫にお悩みの方へ、HAL探偵社に無料で相談してみませんか?
不倫調査を依頼する際も、他社と比較して割安料金をご提示します
⇒6,000円から依頼できる「HAL探偵社」
▼24時間無料相談ダイヤル
0120-088-995

ボイスレコーダー

ICレコーダー

まず、最近使いやすさが格段に上がってきたボイスレコーダー。

旦那と浮気相手の買いを録音できます。

車の中に忍ばせておくといいでしょう。

いろいろな設定ができます。

例えば、会話が始まった瞬間にスイッチが入るように仕掛けることができます。

注意するのは電源です。

使う前には充電してからにしてください。

せっかく仕掛けたのにもかかわらず、電池切れを起こしてしまうこともあります。

一般的には24時間くらいがバッテリーの目安です。

マイクの性能についても、商品によって大きな差が。

最近ではマイクの性能が格段に上がってきたので値段の安くても、しっかりと録音できるものが販売されています。

ビデオカメラ

ビデオカメラ

その次はビデオカメラ。

浮気の現場をはっきりと撮影することはしにくいかもしれません。

まさか、自宅でのうのうと浮気相手を連れ込んで楽しんでいた、というケースは少ないです。

ビデオカメラを使うメリットは証拠を撮影すること。

カメラをまわしているだけで、すべて撮影できるのがいいところです。

そうすれば時間がなくても、証拠を押さえられます。

外出時にはビデオカメラを仕掛けておくと、家庭内でどういう行動をしているのかを撮影できます。

選ぶべきは家庭用のハンディカムのようなものではありません。

小型のスパイカメラです。

量販店では売っていないかもしれません。

秋葉原の電気街では販売しているところがあります。

インターネットなどの販売でも購入できるので、どのような商品があるかを確認しましょう。

デジカメ

その次にはデジカメ。

ビデオカメラよりも使い勝手が悪いのが難点です。

それでも、証拠を押さえられるのがいいです。

デジカメを持っていても、まさか浮気の証拠を収集する目的で持っていると思われないでしょう。

動画を撮れる機能もあります。

バッテリー切れを起こさないように電源には注意しておきましょう。

旦那の浮気の証拠があったら、さっと撮影することが大切です。

メモ・日記

ペンと手帳

ああ。

テクノロジー系の他に大事なのはメモ帳や日記。

裁判では日記の効果は認められています。

それでもただ適当に殴り書きをしていても説得力がないので、できるだけ細かく日記を書いておきましょう。

日付や時間帯も正確に。

これはねつ造したものではないな、と思わせれば大丈夫。

正確に細かく書くようにしていれば、日記は十分な証拠になりえます。

メモ帳も大事です。

筆記用具を持ち歩いておかしいと思ったところは、どんどんメモしておきましょう。

そして、そのメモを見ながら日記を充実させていくこと。

デジカメなので、とったものも印刷し貼り付けておくと、さらにわかりやすいです。

赤の他人から見ても「これは旦那の浮気がすべて集約されているなぁ」というノートを作っておくことが大事です。

気が付いても、すぐに書かないと忘れてしまいます。

昨日食べた食事の内容をすべて暗唱できますか。

ほとんどの人ができないでしょう。

だからメモが大事です。

便利アイテムの注意

ビデオカメラやボイスレコーダーは浮気の収集には役に立ってくれるアイテム。

しかし使い方をマスターしておかなければ、無駄なアイテムに成り下がってしまいます。

普段からビデオカメラとボイスレコーダーの使い方はしっかりマスターしておきましょう。

いきなり使おうと思ってもうまく使えなかったり、証拠収集に失敗することもあります。

このようなアイテムは、意外に使い方が難しいので、まず自分の身近なものを撮影したり、趣味半分に使い始めるのが効果的です。