旦那の言動・行動・態度から浮気を見破る

不倫の見破り方と見破った時の対処方法

旦那の不倫にお悩みの方へ、HAL探偵社に無料で相談してみませんか?
不倫調査を依頼する際も、他社と比較して割安料金をご提示します
⇒6,000円から依頼できる「HAL探偵社」
▼24時間無料相談ダイヤル
0120-088-995

不倫の疑惑

自分のご主人が不倫をしていると疑ったことはありますか?もし、疑ったことがあるとしたら、それはどうしてでしょう?ご主人の言動がいつもと違うからではないですか?
変化が生じた時、女性は何かを感じるものです。

そして、それが勘違いなのでは?思い過ごしなのでは?と自分に言い聞かせたりします。

確かめるのが怖いという気持ちもあります。

でもそれは自分をだましていることになります。

何かを感じたら、自分の感性を、自分の感覚を信じる方が問題の解決に向かうものです。

事実を認めなければ解決への糸口を探し出せないのです。

早ければ芽を摘み取ることも可能かも知れません。

もし、ご主人の言動に女性の気配を感じることがあるなら確かめてみるのが解決への第一歩です。

もしかしたら本当に誤解なのかもしれませんし、それがはっきりするならそれでよいのです。

ご主人の変化

ご主人の言動はどのように変化しているのでしょうか。

いつも週末は一緒に外出していたのに一人で出かけたがっていますか?しょっちゅう携帯のメールをチェックし、携帯を常にそばに置いて、メールが頻繁に来ている様子ですか?会社に帰りが遅くなる日がおおくなっていますか?いつもよりうきうきと楽しそうにしていますか?急におしゃれになったり、ダイエットして痩せたりはしていませんか?

このすべてに当てはまるなら残念ながらご主人は不倫している可能性が高いでしょう。

でも、たいていの場合、ご主人は離婚までは考えていないものです。

ご主人に「誰かほかに好きな人がいるの?」と聞いたら「絶対にいない」と答えるでしょう。

それが嘘であっても、です。

嘘をつく、ということは奥さんと揉めたくない、もっと言えば別れたくないから、です。

ご主人の不倫を確かめる前に自分がどうしたいのかを考えましょう。

もし、離婚したくないのなら不倫には気づいていないふりをする、というのも1つの考え方です。

相手を責める前に自分を振り返ってみましょう

女性の側が不倫なんて絶対に許せない、離婚したいというのなら証拠を探して離婚までもっていくことは可能かもしれませんが、ご主人と離婚したくない、という場合はどうしたらいいでしょう。

まず、どうしてご主人がほかの女性に目を向けるようになったのか、を考えてみましょう。

結婚した時、あんなに愛していると言ってくれたのに、あんなにやさしかったのに、と思っているかもしれませんが、あなたの方はどうでしょう?結婚した時の思いやり、愛情をご主人に示していますか?家の中は居心地よく片付いていますか?ご主人の家族とは円満に付き合っていますか?それができているにもかかわらず不倫するようなご主人であれば、本当にもう離婚してしまってもいいかもしれません。

でももし、自分にも思い当たる点があるなら、反省点があると思うなら今日この瞬間から改めてみてはいかがでしょうか?

ご主人の家族と仲良くしているとご主人は不倫しにくくなるものです。

義理家族というのはちょっと付き合いにくいし、面倒な存在に思えることもあるでしょう。

でも少し距離を置きながらでも仲良くしておくと強い味方になってくれます。

ご主人の家族の悪口は絶対にご主人には言ってはいけないことです。

腹の立つことがあったとしても、自分の胸に納めて逆に少し褒めるくらいがよいでしょう。

お金の管理を任されているならご主人ともう一度管理の方法を話し合うのもよいでしょう。

余裕が少しでもあるなら旅行を提案してみるのもよいアイディアです。

何か手伝ってほしいことを見つけて頼むようにするのも一案です。

人間は頼ってくる人を好むものです。

ご主人が変わったなら自分も変わっていかなくてはなりません。

しかも良い方に、です。

そして愛情と思いやりを示し、家の中を快適にして迎えていたらもともと離婚する気はなかったのならご主人は不倫からだんだんと遠のくことも期待できます。

不倫相手はいつまでも不倫相手でいるつもりはなく、離婚を期待しているからです。