悪徳探偵社の見分け方

探偵社の広告を盗作する悪質探偵社

最近では盗作に関するニュースなども多く目にするようになりましたので、盗作という行為がいかに悪質なものであるかを理解している人も多いのではないでしょうか。

この盗作問題ですが、実は探偵の業界でもよくあることです。

他社の広告を盗作する悪質な探偵社も実際に存在しているのです。

旦那の不倫にお悩みの方へ、HAL探偵社に無料で相談してみませんか?
不倫調査を依頼する際も、他社と比較して割安料金をご提示します
⇒6,000円から依頼できる「HAL探偵社」
▼24時間無料相談ダイヤル
0120-088-995

探偵社の広告で多い盗作

探偵の業界は、非常に独特な世界になります。

それぞれの探偵社のコネクションももちろんありますが、探偵という仕事柄どうしても閉鎖的な部分があります。

独特な業界になるためか、他の業界では見られないほどに盗作というものが横行しているのです。

調査に関してはプロフェッショナルですが、業界全体を通してみたときに盗作といったモラルの低さが目立つ行為も少なくありません。

だからといって探偵社の多くが悪徳であるというわけではなく、ごく一部の悪徳探偵社が悪質な行為を繰り返しているのです。

当然ながら、盗作などの行為を平然とおこなっている探偵社が良いものであるわけはありません。

写真や文章の盗用が多い

探偵社の広告で多いのが、写真や文章の盗用です。

文章を丸々同じものを使っているものもあれば、写真を丸々同じように使っているものもあります。

関係のなさそうなまったく別の探偵社が同じ文章や写真を使っている場合、どちらかが盗用しているということになります。

どちらが盗用しているのかということをハッキリさせていく必要があるでしょう。

同じような広告を見つけたら

どこの探偵社に依頼するか情報を見比べていたら、別の探偵社なのに同じような広告を見つけてしまったということもあるでしょう。

そういった場合には、どちらの探偵社が盗作したかを確認することです。

では、確認するためにはどうしたらいいのでしょうか。

手っ取り早いのは電話です。

盗作されたほうの探偵社であれば、「盗作されています!」とすぐにハッキリと答えてくれるでしょう。

逆に、盗作をしたほうの探偵社あればはぐらかすようなことを言うでしょうし、歯切れの悪い回答になるでしょう。

電話での対応でもある程度わかるでしょうし、盗作したほうの探偵社は指摘されたらそう時間をおかずに該当部分を削除するなどの行動に出るものです。

会社概要などの情報をチェック

広告を見ていて、同じような文章や同じような写真が使われていると「もしかして関連会社なのかな?」と思うこともあるかもしれません。

実際に、関連会社で同じような文章や写真を使いまわすという可能性はあります。

しかしながら、関連会社である場合にはそういった記載があるはずです。

記載がなく、判断が難しい場合には会社概要などの情報をチェックしていくことです。

会社概要などの情報を見ていけば、2つの探偵社に何らかの関連があるかどうかということがわかるはずです。

もちろん、こういった方法でも判断ができないという場合にはやはり電話で問い合わせるのが早いでしょう。

ただ、自分で調べるという癖をつけることも大切です。