浮気調査はこのようにして行う!

探偵に認められた調査手法

浮気調査や浮気調査を依頼する探偵は自分で決めていくことになります。

しかしながら、探偵にもいろいろなところがありますし、言ってしまえばピンからキリまであります。

そのため、探偵の言っていることを鵜呑みにするのではなく、事前に自分でも探偵の調査方法について把握しておくことが望ましいのです。

浮気や浮気を暴き制裁するためには、きちんとした探偵に依頼することが求められます。

自分で任せて大丈夫な探偵を見極めるためにも、探偵の調査について理解しておきましょう。

ここでは、探偵に認められた調査手法についてお話していきます。

旦那の不倫にお悩みの方へ、HAL探偵社に無料で相談してみませんか?
不倫調査を依頼する際も、他社と比較して割安料金をご提示します
⇒6,000円から依頼できる「HAL探偵社」
▼24時間無料相談ダイヤル
0120-088-995

探偵の調査における基本的な前提

探偵の調査において、基本的な前提となることがあります。

大前提となってくるのが、「調査が発覚しないこと」です。

探偵による調査が発覚してしまえば、それまでの努力はすべて水の泡となるものと考えておきましょう。

逆に言ってしまえば、相手にバレないように調査してこそ探偵です。

そして、調査内容についてです。

探偵の調査の基本は3つです。

張り込み、尾行、撮影になります。

探偵の調査方法は非常にシンプルで、指定された場所に張り込み、相手を尾行し、浮気や浮気の証拠をカメラで撮影します。

この流れも探偵の調査における基本的な前提になります。

探偵の調査内容

先でも触れましたが、探偵の調査内容の基本は以下の3つです。

  • 張り込み
  • 尾行
  • 撮影

張り込み

Man in car with binoculars
張り込みでは、指定された場所やその付近で相手が出入りする瞬間を見張るというものです。

対象者を監視しどんな行動を起こすかを予測し、できる限り短い時間で浮気の証拠が得られるようにしていくのです。

周りの環境に溶け込むような形で相手にバレなしように監視していきます。

場合によってはマンションやホテルから監視するということもあります。

尾行

大混雑する大都会の駅を行き交うさまざまな人々 イメージ(スローシャッター)
尾行では、相手にバレないように相手の後をつけます。

素人でもできると勘違いされやすい部分になりますが、実際に相手にバレないように尾行するのは難しく、探偵だからこそできる技でもあります。

一定の距離を保ちながら、相手をつけていきます。

尾行する時間はさまざまで、事前に情報提供してもらった内容を基に、夜間行うこともあれば昼間尾行を行うこともあります。

撮影

bsN745_bokuhatoruminogasanai_small2
そして、もっとも重要なポイントとなってくるのが撮影です。

ここは、探偵の腕の良し悪しが出てくるところです。

浮気や浮気の直接的な証拠となる写真を撮影できるかがその後の展開を大きく左右するといっても過言ではありません。

他にも押さえておくべきポイントが

探偵調査の基本的な前提と調査内容について触れましたが、他にも押さえておくべきポイントがあります。

それは、刑法に触れる調査は行わないということです。

探偵は刑法に触れる調査を行ってはいけません。

違法調査を行うような探偵は避けましょう。

また、探偵の調査といってもやはり人がやることになるので当然リスクも発生してきます。

調査の相談や依頼の際に、調査のリスクについてもきちんと説明をしてくれるかを見ておきましょう。

メリットばかりを強調し、リスクについて一切話さないような探偵はやめておくべきです。

そして、探偵の調査内容を把握した上で「自分でもできそうだ」と実行に移さないことです。

探偵の調査は非常にシンプルです。

しかしながら、だからといって素人が同じようなことをしようとしても当然できないのです。

自分で勝手に行動した後で探偵に依頼をしても、すでにどうすることもできない状況になっていれば依頼も断られてしまいます。

自分が余計なことをしてしまったばかりに、探偵が苦労することにもなりますし、そうなると調査料金も余計にかかってしまうかもしれません。

餅は餅屋といいますが、やはりその道のプロフェッショナルに任せたほうがいいのです。